TEL03-3547-3308

HOSHINOKO DAYORI

星の子だより

HOSHINOKO DAYORI

星の子だより

星の子リモルディング体験談(短頭斜頭):R君

お住まい:福岡県

ゆがみレベル:短頭:Lv2、斜頭:Lv5

開始月齢:4.5ヶ月

装着期間:4ヶ月

 「スターバンドをして本当によかった。」

ヘルメット治療を卒業し、息子の頭を見て感じた率直な想いです。

 息子は産まれてすぐにNICUに入院をしました。退院後は吐き戻しの心配からよく右側を向かせて寝かせていました。帝王切開で産まれたこともあり、息子の頭は当初綺麗な形をしていましたが、向き癖の影響で生後2ヶ月の時には既に左後頭部に尖りができ、左を向きづらそうになるほど歪んでいました。その頃、再入院していた病院先の看護師さんから偶然ヘルメット治療の存在を教えてもらいました。しかし、その時は治療費の高さや月齢が幼いこともあり、向き癖を直せばなんとかなると考え、ヘルメット治療のことは現実的に考えていませんでした。

 しかし、息子が4ヶ月になった頃、息子の横顔を見た時に左右で大きく印象が異なることや後頭部の尖りが酷くなっていることに気づきました。向き癖を直すだけでは対応しきれなかったことから心配になり、夫婦で話し合い、急いで形状評価を受けることを決断しました。運よく病院での適応診断の予約もすぐに取れ、形状評価も行うことができました。真夏にヘルメット治療することは避けたい気持ちから、頭の歪みがヘルメット治療をしなくてもいいレベルであることを望んでいましたが、測定結果は短頭レベル2、斜頭は最大レベル5(それ以上の判定値があるとしたら7~8に相応する程)でショックを受けました。ただ、息子はまだ完全に首座りが出来ていなかったことから、首座りを待って後日再測定するつもりでいたところ、担当の方が「斜頭が重度で、首も座りかけていることから、もし治療をするなら出来る限り早く開始した方がいい。」とアドバイスをしてくださり、治療をすることを決めました。結果、ヘルメットが届く頃には息子も首が座り、問題なくヘルメットを装着できました。

 いざ治療を始めると、装着初日に普段泣かない息子がギャン泣きし暴れ、30分ほどでヘルメットを取ることになり、先が思いやられました。次の日から徐々に装着時間を延ばすため、嫌がっても慣れてもらうしかないと割り切るようにしました。夏場と泣きの影響で汗をかくため休憩を小まめに取り、皮膚トラブルがないか何度も確認をしました。装着開始してから数日は、正直治療を続けられるのか何度も私自身の心が折れ、泣く息子にヘルメットをすることが本当に息子のためになるのか自問自答を繰り返すばかりでした。  

 ところが、幸いなことに息子も数日経つとヘルメットを装着しても泣かなくなり、徐々に装着時間を延ばせるようになりました。ヘルメットを着けた状態で初めて昼寝をしてくれた時はすごく安心し、嬉しかったです。

​  息子の頭は重度の歪みでしたが、まだ月齢も幼かったことが幸いして、治療開始後すぐに頭の形が良い方向に劇的に変化しました。治療開始当初は担当の方に何度も丁寧にサポートしてもらいました。日に日に尖りが取れていく頭を見て、ヘルメットをして良かったと夫婦でよく喜びを噛み締め合いました。治療結果として、息子の斜頭は軽度のレベル2で卒業することが出来ました。頭の尖りが取れ、数値以上に見た目が大きく変化したことがすごく嬉しかったです。

 最初に形状評価をした日に治療を早期に開始するようアドバイスをいただけたことから、頭の成長時期を逃さず最善の治療をすることができました。治療する前や開始直後は色々と悩みましたが、卒業した今となってはヘルメット治療をして本当に良かったと思います。

 最後になりましたが、治療に携わってくださった皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

共有する

ひとりで悩まず、
一度私たちにご相談ください。
一緒に赤ちゃんのことを考えましょう。

お問い合わせやご相談、
測定コースのお申し込みはお気軽にこちらから