TEL03-3547-3308

HOSHINOKO DAYORI

星の子だより

HOSHINOKO DAYORI

星の子だより

星の子リモルディング体験談(短頭斜頭):ふうちゃん

ゆがみレベル:短頭Lv4、斜頭Lv4

開始月齢:5.5ヶ月

装着期間:5.5ヶ月

生まれたときは綺麗な真ん丸頭だった息子。親孝行でとにかくよく寝る子でした。さらにうつ伏せするのもあまり得意ではなかったこともあり、段々と後頭部が平になってきていることに気が付き、夫婦で不安に思う毎日でした。

かかりつけの小児科で先生に相談をしたところ、頭の形を矯正する方法があると教えてもらいました。「やらずに後悔するならやってみるのも良いと思う。今しかできないことだから。」と先生に背中を押されたこともあり、前向きな気持ちで頭の形の矯正について調べてみました。一旦今の状況を知りたかったですし、相談させてもらいたかったのでAHS  Japanの「頭のゆがみ度測定コース」を予約しました。

当日までにインターネットで調べてみると、ヘルメット治療について色々な写真が出てきました。AHS Japanのスターバンドはいくつかあるヘルメット治療の中でも、柄や色が華やかで見ていて明るい気持ちになるものばかりだったので、実は息子の装着が楽しみでもありました。

どんな雰囲気のところなのかドキドキしながら到着しましたが、優しい雰囲気のスタッフさん達ばかりで安心したのを覚えています。息子も楽しそうに説明を聞いていました。いざ測定をしてみると短頭斜頭、両方ともかなりシビアな状況であると教えていただき、すぐに申し込みをしました。

ヘルメットが出来、装着初日は少しの時間でしたが、汗びっしょり。二日目、三日目と装着を続けていくと、慣れてきたのか汗の量も減り、嫌がらないようなってきました。大変だったのは、私がヘルメットを上手く被せられるようになるまでは、毎回少し手こずってしまいそれが嫌で息子が泣いてしまうことでした。泣いて暴れるとさらに被せるのが大変なので、スタッフさんに被せるコツを聞いたり、練習したりしながら息子と一緒に頑張りました。

幸い理想的な装着時間である23時間前後の着用も嫌がることが少なく、相変わらず親孝行の息子。ですが、肌がぶよぶよしたり、かさかさしたり荒れ始めたため、すぐにメールで相談したところ、思っていたより早く電話が来て、相談をすることができ、着用時間を調整し、大きな肌トラブルもなく着用を続けることが出来ました。AHS Japanのスタッフさん常に寄り添ってくれたのも、最後まで装着を続けることが出来た理由の一つです。また卒業まで測定を行うたびに、どんどん数値が良くなっていくのがモチベーションに繋がりました。明らかに良い形に変化していく息子の頭を見て、私も頑張ろうと気合を入れなおし、約半年のヘルメット治療を親子で駆け抜けました。

ヘルメット治療を始める前は、見た目で何か言われるかな、息子は嫌がるかなと不安ばかりでしたが、正直、良いことばかりの半年でした。まず見た目が本当に可愛らしく、色々な方から「可愛いね!素敵だね!」と声をかけていただきました。また、ヘルメットの中がどんどん削れていくことで、息子の体の成長をしっかりと感じることができました。綺麗に矯正された頭を見ると治療をすると決めたことは間違っていなかったと確信できます。

正直、誰にも相談せずに続けるのは難しいヘルメット治療。AHS Japanのスタッフさんたちのサポートがあったからこそ、乗り越えることが出来ました。息子に対しても、フレンドリーに接していただき、機嫌が悪くても上手くあやしていただき心から感謝しています。本当にありがとうございました。

共有する

ひとりで悩まず、
一度私たちにご相談ください。
一緒に赤ちゃんのことを考えましょう。

お問い合わせやご相談、
測定コースのお申し込みはお気軽にこちらから