03-3547-3308 06-6314-1122
電話番号をタップするとそのまま発信できます
受付時間:月~土 9:30 - 17:00(日・祝休み)

HOSHINOKO DAYORI

星の子だより

赤ちゃんの頭の形について

赤ちゃんの頭の形「短頭」について

2021.06.12
2024.01.25

赤ちゃんの頭の形「短頭」について

一般的には『絶壁』と言った方がなじみあるかもしれません。

短頭の計算式

お子様の頭を上からのぞき込み、額の中央から後頭部にかけての長さを縦、正面からみた頭の幅を横として『横÷縦×100』で比率を計算します。
この数値を縦横比率といい指標に当てはめて、ある程度の数値を超えると「短頭」となります。

短頭が起こる主な原因について

短頭が起こる主な原因は長時間の仰向け寝といわれています。
これは乳幼児突然死症候群の予防対策として1992年より仰向け寝を推奨としてきたという歴史的背景があります。

「仰向けでよく寝てくれる」「体の向きを変えられるのが嫌い」「ハチが張っている」など、赤ちゃんの頭の形が気になった時、一度確認してみるのも良いのではないでしょうか。

※赤ちゃんの頭の形のお悩みについての詳細は下記のページにて詳しく説明してありますので興味のある方はご参照ください。

赤ちゃんの頭の形について

【初回無料】赤ちゃんの頭のゆがみ度測定コースを実施中!

世界24ヵ国・60万人以上のヘルメット治療の赤ちゃんが利用・頭蓋形状矯正ヘルメット世界最大級シェア 「スターバンド」のAHSJapanでは現在・初回測定が無料にて「赤ちゃんの頭のゆがみ度測定コース」を実施中です。

日本で数台しかない高性能3Dスキャナー「スタースキャナー」にてわずか1.5秒で正確に赤ちゃんの頭の形を計測(即時に結果判定)
「義肢装具士」の国家資格を持つ経験豊富なスタッフが対応・サポート
もし治療対象の場合、治療方法・提携医療機関のご紹介も可能
強引なヘルメット治療の推奨はありませんのでご安心ください。

赤ちゃんの頭の測定・ご相談だけでも大丈夫です。
悩んでいる間にも赤ちゃんの頭は成長していくので赤ちゃんの頭の形でお悩みの方は一人で悩まず、なるべく早くご相談ください。

興味のある方は「赤ちゃんの頭のゆがみ度測定コース」のページをご覧ください。

この記事をシェアする