HOSHINOKO DAYORI

星の子だより

  • TOP
  • 星の子だより
  • 赤ちゃんにスターバンド治療が必要かどうか、どうしたら判断できますか?
HOSHINOKO DAYORI

星の子だより

赤ちゃんにスターバンド治療が必要かどうか、どうしたら判断できますか?

弊社ではお子様の頭の形をスタースキャナーにて3次元で捉え、その非対称さ、前後左右のバランス等を標準値と比較し、どの程度のゆがみであるかを正確な数値で提示し立体画像をご覧いただきながらお伝えします。またお子様の月齢や頭囲、変形の傾向や程度に即したこれまでの結果例をご紹介し、成果の見込みについても検証します。(※1)それらを踏まえてスターバンド治療を選択されるかどうかをご検討いただきます。
身体機能に影響を及ぼすと考えられるような逸脱した変形でない限り、本治療は積極的に勧められることはありません。あくまでも保護者の方が現状の歪みから起こり得る負の要素・可能性を回避したいと思われるかどうか、その価値観でご判断いただきます。(頭蓋変形が病的要因で起きている場合はこの限りではありません。)
※1)スタースキャナーによる頭部スキャンをご希望の場合は、弊社(東京・大阪)で開催しております「頭のゆがみ度測定コース」にご参加ください。但し、治療適応の診断を得るには、弊社提携医療機関をご受診いただく必要がございます。西宮リハビリテーション病院を直接ご受診いただければ、測定と適応診断がオールインワンで可能です。また、松本義肢製作所(愛知県名古屋市)でも測定は可能ですが、事前にあいち小児保健医療総合センター等での適応診断が必要です。
ゆがみ度測定コースについて詳しくはこちらのページをご確認ください。

共有する

ひとりで悩まず、
一度私たちにご相談ください。
一緒に赤ちゃんのことを考えましょう。

お問い合わせやご相談、
測定コースのお申し込みはお気軽にこちらから